メニュー

MENU

二十四節季

立春(りっしゅん)寒さも峠を越え、春の気配が感じられます。
雨水(うすい)陽気がよくなり、雪や氷が溶け、雪が雨に変わります。
啓蟄(けいちつ)冬ごもりしていた地中の虫がはい出てきます。
春分(しゅんぶん)太陽が真東から真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなります。
清明(せいめい)全てのものが生き生きとして、清らかに見えます。
穀雨(こくう)穀物をうるおす春雨が降ります。

立夏 (りっか)夏の気配が感じられます。
小満 (しょうまん)すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始めます。
芒種 (ぼうしゅ)稲などの(芒のある)穀物を植えます。
夏至 (げし)昼の長さが最も長くなります。
小暑 (しょうしょ)暑気に入り梅雨のあけるころを指します。
大暑 (たいしょ)夏の暑さがもっとも極まるころを指します。

立秋 (りっしゅう)秋の気配が感じられます。
処暑 (しょしょ)暑さがおさまるころを指します。
白露 (はくろ)しらつゆが草に宿ります。
秋分 (しゅうぶん)秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなります。
寒露 (かんろ)秋が深まり野草に冷たい露がむすびます。
霜降 (そうこう)霜が降りるころを指します。

立冬 (りっとう)冬の気配が感じられます。
小雪 (しょうせつ)冬の気配が感じられます。
大雪 (たいせつ)雪がいよいよ降りつもってきます。
冬至 (とうじ)昼が一年中で一番短くなります。
小寒 (しょうかん)寒の入りで、寒気がましてきます。
大寒 (だいかん)冷気が極まって、最も寒さがつのります。

土用(どよう)とは

二十四節季を補う季節の移り変わりの目安とされる雑節(ざっせつ)のひとつです。
太陽太陰暦では、立春、立夏、立秋、立冬の前約18日間をさします。近年では夏の土用だけをさすことが多いです。

Copyright © そせい漢方はり院 All Rights Reserved.